明るい白髪染め
ファッショングレイカラー

白髪染めでこのようなお悩みございませんか?

✔️白髪を染めるといつも暗くされてしまう
✔️明るくしたいと言っても出来ないと言われる

このようにやりたい髪色を断られて諦めた経験はございませんか?

自分の好きな服やメイクの色が黒髪に合わないことも結構ありますよね?

そんな時は好み妥協しなければなりません…。

でも実は、Pregoでは好みの明るさにして白髪もしっかりカバーできる方法があります。

ファッショングレイカラー(明るい白髪染め)というPregoオリジナルのメニューで

「いつも暗くされる白髪染めを変えたい!」

と悩む大人女性から人気の白髪染めに見えない白髪染めです。

なぜPregoではできるの?

それは、明るめでも白髪を染められる配合比率を何年もテストを繰り返して導き出せたからです。

私たちは、年々大人女性に増える髪の悩みを改善するサロンです。『お客様は求めているのに美容室ではできないこと』を中心にメニュー化に取り組み、10年以上も年齢に伴う髪の悩みを解決してきました。

そんな私たち考案したファッショングレイカラー(明るい白髪染め)を、今からビフォーアフターを交えてわかりやすくご紹介します。

見ため年齢にも大きく左右する髪の色。あなたのやりたかった髪色を叶えることで、季節ごとのファッションやメイクを楽しんでください。

なぜ白髪染めは明るくできないの?

今までの技術では、

  • 明るくなっても白髪が全然染まらない
  • 明るくなり過ぎてしまう
  • 傷んだだけで全く明るくならない

という失敗のリスクが非常に高いために断れてしまいます。

単純に「明るいカラーを使えば?」思われるのですが、一筋縄ではいかず上記のリスクまであるのが明るい白髪染めなのです。

明るめだと白髪が染まらない理由

明るめのカラー剤に配合される色素量は少なく色が薄いためです。

なので明るめのカラーを使うと、地毛の黒髪は明るくなりますが白髪にはほとんど色が入らずカバーできません。

ただ、周りが明るくなることで黒髪の時よりも白髪は目立ちにくくはなりますが、

・白髪が目立たない明るさは結構明るいため
・白髪が多いとほとんどが染まらない

という単純に白髪が染まらないため断られてしまいます。

白髪染めで暗く染まった髪を明るくできない理由

白髪染めで暗くなった髪に対して、この写真↑くらい明るくする事ができるカラーを使っても全く明るくなりません。

本当に少しも明るくならないのです。そのくらい暗めの白髪染めは頑固です。

唯一明るくできたのはブリーチだけでした。しかしブリーチで明るくすると、

一気に金髪になり明るさ調整ができない
・金髪になるので2回染める必要がある
・下地が金髪のため退色したら金髪になる
色落ちが早い
・なによりかなり傷む

こんなにデメリットがあるため美容師も断っていたのです。

これ言われてやる方はいませんよね。

しかし断られるのはまだいい方です。

断らずに頑張ってくれた場合、あなたの大切な髪は上記のような失敗をされるリスクが高くあります。

理由は、いくら慎重に頑張ったところで白髪染めの髪を希望の明るさにするのは根本的に理論が違からです。

次では、

  • 低ダメージ
  • 短時間
  • 明るさ調整
  • 簡単メンテナンス

を可能にしたPregoファッショングレイカラーの染め方をご紹介します。

「こうしたかった!」とあなたがやりたいことを見つけやすいように、ビフォーアフター写真を使ってわかりやすくご案内していきます。

明るめでも白髪をカバーできる
4つの染め方

白髪染めをしているとだいたい3パターンの髪の状態になります。全パターンで明るい白髪染めを可能にしたことでメンテナンスを楽にしました。デザインカラーを加えた4つの染め方をご紹介します。※加工は一切しておりません。

1.白髪染めで暗くなった髪を明るくする方法

通常のカラーでは全く明るくできない頑固な白髪染めもこの通り自然にトーンアップできます。

Before

「せっかくの軽やかなショートスタイルなのに重く感じる」「ショートのシャープさが強調される。柔らかい感じにしたい」という理由で明るくされたいとのことでした。

After

落ち着いたブラウン系で明るく見え過ぎない感じです。もちろん明るさの調整も可能。同じカットなのに柔らかい印象になれたと喜んでいただけました。今着ている無彩色のお洋服の印象も変わるくらい髪色があたえる印象は大きいですね。

ブリーチ一択だった従来の方法との違い

・ある程度希望の明るさが狙える
2回染める必要がない
・退色で明るくなり過ぎない
超低ダメージで髪に優しい

このようなブリーチのデメリットを全て解決しているのは一目でわかりますよね。

「白髪染めで暗くなった髪を明るくする方法」は、明るい白髪染めの中でも一番難しいとされる方法でした。その理由は、

  • 普通に染めても明るくならない
  • 唯一できるブリーチは金髪になる

まさに0か100かだったからです。

この配合は詳しくは書けませんが、たくさんのテストと失敗から「明るさの調整」「低ダメージ」を可能にしました。

白髪が増え始める時は、艶、パサつきなど髪質も変わり始める時だからこそ、私たちは美しい髪にもこだわった仕上がりを目指しています。

1回明るくすれば毎回やる必要がない

明るくした髪は時間の経過で暗くならず、ずっと明るいままだからです。

伸びてきたり、色が抜けてもっと明るくなってきても次で紹介する方法で明るい白髪染めは簡単にメンテナンスして維持できます。

2.リタッチのみで3色を1色にして繋げる方法

明るくしたあとは伸びてきた根本が気になります。

〈従来では…〉
白髪が染まらないため毛先と同じ明るさで根本を染められなかった。結果、白髪が染まる暗さに全部染められ暗くなるか、根本だけ暗く染められていた。

〈Pregoのファッショングレイカラーは…〉
毛先の明るさに合わせて白髪も染められます

Before

前回カラーから2ヶ月経過。黒、白、茶と3色で、根本の白髪とプリンがダブルで気になる状態です。

After

根本だけ染めて3色を綺麗につな気ました。
そして1番のポイントはこの明るさでも白髪が綺麗にカバーされていること。この染め方ができることで毛先を暗くしなくて済むようになりました。従来の方法ではこの明るさでここまで白髪は染まりませんでした。

毛先にも少し白髪が見えますが、今回はお客様のご希望でリタッチのみでした。

早い周期で染める方は毎回毛先まで染める必要がありません。根本を明るくできるということは同時に毛先の負担も少なく髪にも優しいということになります。

これがPregoファッショングレイカラーのひとつ、明るくしながら白髪も染めるテクニックになります。

3.明るく退職した髪を暗くせずに白髪をカバーする方法

リタッチだけを続けていると毛先が退色してきて白髪が目立ってきます。今までは「退職したこのくらいの明るさがいいのに」と思いながらも白髪が残ってしまうため結局暗くされていましたが、そんなお悩みを改善した染め方になります。

Before

毛先は退色して明るい部分と、白髪の色が抜けたことで白髪が筋状にキラキラしています。

従来では「染める直前の今くらいの明るさが丁度いいんだけど」と言っても、「白髪が目立っているし染まらないから」と言われ結局暗くされていました。

After

暗くならずに白髪が目立たなくなったのは一目瞭然ですね。(色が入る分多少のトーンダウンはします)

黄色くなり過ぎていた色も均一になったこたことで光の乱反射が無くなり艶やかな髪になりました。

色を均一にできるとこのように艶やかで綺麗な髪に見せる効果もあります。

こちらの方は赤みをが嫌いなため、透明感のあるアッシュベージュで染めていますので、軽さと柔らかさのある優しい色味になりました。

このように明るさや色味も楽しめるのでファッションの幅も広がりますね。

暗い髪から初めて明るくする場合は色味が限られます。今染まっている白髪染めを落とすだけだからです。
退色した髪に色を入れる場合には選べます。

4.ファッショングレイでのハイライトデザインカラー

ハイライトとは写真のように髪を間引いて染めていくテクニックになります。

昔で言うメッシュのような染め方です。

メッシュやハイライトと聞くと、ハイトーンで派手なイメージを想像されてしまうかもしれませんが、明るさは調整可能ですので心配ございません。

では何のためにハイライトテクニックを使うのかというと、

・少しだけ明るくしたい場合
・白髪が集中していたり多い場合
・動きや立体感が欲しい

という場合はハイライトを使ったファッショングレイをご提案しています。

順番にご説明していきます。

少しだけ明るくしたい場合

Before

元は黒ではないのですが、それでも白髪染めをされている場合は普通に染めても明るくできません。「もう少しだけ明るくしたい」というご要望でした。

After

ハイライトテクニックは使用していますが、「見せるハイライト」ではないためメッシュのような筋は見えません。

白髪染めの髪を明るくする方法では、明るさの調整は可能ですが微調整までは難しいため、ちょっと明るくする際にハイライトテクニックを使うことが多くあります。想定よりも明るくなった場合を考え、間引いて染めない毛を残すことで全体的に明るくなった印象に見せないためです。その程度の明度差なのでメッシュみたいにもなりません。

白髪が集中していたり多い場合

Before

写真では白髪染めで暗く染まっているため白髪の多さは確認できませんが、フロントに集中している方です。

今は染められて一色でも元黒髪と元白髪が混在しています。そして元白髪の方が明るくなりやすいです。
このまま全部の髪を明るくしてしまうと元白髪の部分だけがかたまって明るくなり過ぎます。ムラです。

なのでハイライトテクニックを使い、白髪部分と黒髪部分のバランスを見ながら染めていくことで、ムラなく明るくしていきます。
後頭部はほぼ黒髪で明るくなりづらいため、使用する薬も前と後ろで使い分けます。

After

ムラなく綺麗に全体明るい印象になりました。間引いて明るくするということは、白髪が染まっている部分を残しながら染めるということですので、全部を明るくするより色もちもいいのです。さらに、染めない髪はダメージ0ですので髪にも優しい染め方になります。

希望の明るさだけでなく動きも出たことで喜んでいただけました。

動きや立体感が欲しい

上記の二つはハイライトを使った機能的な方法でしたが、こちらはハイライトならではのデザインカラーです。

〈従来では…〉

  • 白髪染めへのハイライトはブリーチでしかできなかった
  • 金髪ハイライトで派手に見えた
  • それを抑えるには2回染める必要があった。

〈Pregoファッショングレイでは…〉
明るさを調整
ができるから一回で求める雰囲気に合わせたハイライトデザインができる。
※写真の方は明るめに入れています。

ダブルカラーによる鮮やかなカラー
グラデーションカラー
バレイヤージュ
のような専門的なデザインカラーは行っておりませんのでご了承ください。こちらの写真の明度差くらいまでのご提供になります。

ハイライトテクニックのまとめ

このようにファッショングレイのハイライトテクニックは、

  • 微妙な明るさ調整のため
  • ムラなく綺麗に見せるため
  • 退色の影響を少なくするため
  • ダメージの影響を最小限にするため

デザインだけでなくあなたの髪を大切にする事や、スタイルの持ちまで考えたテクニックです。

その使い分けは、丁寧なカウンセリングのもと必要に応じてしっかりとご説明致します。こちらからしっかりと聞き出すカウンセリングを行いますので安心してお任せください。

ビフォーアフターのご紹介

ご説明してきたテクニックを使った施術例をご案内します。お悩みがどのように改善されたのかも詳しく解説いたしますので、あなたと同じお悩みの方の改善例がありましたらぜひ参考にしてください。

白髪染めをしている髪を明るくする方法

ブリーチで金髪にする以外明るく出来ないと断られる白髪染めの髪を、明るくするだけでなくご要望に合わせた明るさにしています。

髪全部をトーンアップ

[Before]

毎回リタッチで毛先は少し退色させて、真っ黒ではない状態にしていたようです。しかしもっと明るめにしたいとお願いしたところ、3回やってもらっても全く明るくならず。Pregoのサイトをご覧になってのご来店でした。

前の少し明るいところは白髪の多い部分のため退色が早く明るくなっています。後ろは白髪がないため明るくなっていません。

このまま1色でいっぺんに明るくするともっとムラに明るくなってしまうため、前後で薬の配合を変えて施術しました。

[After]

ご希望の明るさになり、前と後ろの明るさもほぼ均一に。

多毛で重く感じていたお悩みが、軽めのトーンになり喜んでいただけました。

[今後のメンテナンス]

明るくするのは今回のみで、次回退色の明るさが気にならなければ明るめのリタッチのみ。気になるようでしたら暗くならないように色を足します。どちらも上記でご説明したファッショングレイテクニックで明るさを維持して対応可能です。

ハイライトによるトーンアップ

[Before]

「もう少しだけ明るくして重い雰囲気を変えたい」とお願いしても、「そもそも明るくする事が自体が無理」と断られ毎回暗くなっていることに諦めていたお客様。Pregoのホームページをご覧になってご来店下さいました。

写真ではわかりませんが、顔周りの白髪率は8割で、その他は2割程度と大きな差。この場合全部の髪を明るくしてしまうと、顔周りだけ狙いより明るくなり過ぎてご要望の「少し明るく」を叶える事が出来ない状態。さらに後ろとの明るさの差でムラになります。そのためハイライトによる方法をご提案しました。

[After]

全体が均一に少し明るくなりました。白髪率の多い顔まわりには明るさを抑えたカラー、後ろは明るめのカラーを使い分ける事で均一な明るさにしています。

ハイライトで暗い毛を残して染めた事で明るくなり過ぎず、さらに立体感や動きもプラスされました。

[今後のメンテナンス]

4週で染める方ですので次はリタッチのみOK。その次は来店時の退色次第で暗くなりすぎないように全体を染める感じです。このくらいの明るさなら、中2回はリタッチの方もいます。毛先にも優しいですね。

退色した髪に色を入れて白髪も染めても暗くしない方法

明るさキープで白髪だけを染める

[Before]

印の部分に白髪が集中し、他は少ないお客様。今までは「暗くしたくない」と言っても、この部分だけがちゃんと染まらないため全部を暗くされていました。

[After]

明るさはほぼキープされ、白髪が集中していた部分は綺麗にカバーされました。「なんで白髪は染まっているのには暗くならないの?」と驚きつつも喜んでいただけました。

いかにも退色した色味をベージュの柔らかい色味に変えたのも気に入っていただけました。

[今後のメンテナンス]

明るめですので4〜5週でのご来店でも退色が気になる可能性があります。その時はまた同じように染めればいいだけですので時間も取られず簡単に継続できます。

退色が気にならなければリタッチのみでOKです。

部分的に多い白髪でムラな退色も明るさキープでムラも解消

[Before]

こちらの方も印の部分に白髪が集中しているためかなり退色しています。他部分も割と白髪が多いため、全体的に筋状にチラチラ白髪が見えています。なるべく明るめのまま白髪をカバーしたいとのご要望でした。

[After]

結構なムラだった色も綺麗に染まりました。特に印の部分の白髪はわからなくなっているのに暗くなっていません。

「暗くなるのが嫌で、毛先の白髪は諦めて毎回リタッチにしていたけど綺麗になれてよかった」と喜んでいただけました。

同時に髪質改善エステをされたのでボサボサしていた髪もツヤツヤになっていますが、色が均一だと艶も綺麗に見えますね。

[今後のメンテナンス]

退色が気にならなければリタッチ、気になるよなら今回と同じように染めるだけ簡単です。予約はとりあえずカラーで入れてもらえれば、来店時に私たちが質問をしながら一番ベストな方法をご提案いたしますのでご安心ください。

暗めに染めてもハイライトで明るさキープ

[Before]

こちらのお客様は、全体的に白髪率が多いため退色すると白髪の部分だけが黄色っぽく明るくなり、ムラな状態になってしまします。白髪が多い方はこのように退色が早い場合が多いです。

そのためこちらの方のご要望は、「しっかり目に染めたいけれど暗くなりたくない」という一見無茶なオーダーですがPregoのファッショングレイではそれも可能です。

[After]

細めのハイライトで明るさをキープし、それ以外の毛先は暗めの色でしっかりと染めました。さらに根本はそこに繋がるように白髪もカバーしながら染めました。

ハイライトは少し見えてもいいということでこの太さと明るさをチョイス。動きのある感じがおしゃれです。

ハイライトをあまり見せたくない場合は、もっと細くして明るさを抑えることでできます。

[今後のメンテナンス]

ハイライト部分はそのまま残り、暗く染めたところはすぐに退色しません。ですので4〜5週に一回染める方でしたら、中2回はリタッチで、3回目に今回と同じ染め方でOK。毎回ハイライトをやる必要はありません。

白髪率多めでもこの明るさでカバー可能

[Before]

まんべんなく全体的に白髪が多めのお客様です。暗くしたくないため、この状態でも毎回リタッチのみでお願いしていたとのこと。そのためかなり筋状に白髪が目立ってしまいます。

気にならないわけではないので、何度か暗くならないように染めてもらったけれど、毎回暗くされたため諦めてリタッチだけをしている状態。しかし最近白髪が増えて目立つようになり、ずっと気になっている中でPregoのこのサイトを発見してご来店くださいました。

[After]

この明るさでもしっかり白髪をカバーできています。

よく見ると白髪との差はわかるため、「ぼかす」というニュアンスを使いますが、それでも十分白髪は目立たなくなります。

[今後のメンテナンス]

この白髪率とこの明るさだと、4〜5週で染める方でも毎回毛先まで染めることをお勧めします。5週でBeforeほどの退色はありませんが、筋状の白髪は気になるレベルになる可能性は高いからです。ただこちらで勝手には決めず、その状態を見ていただきながらご提案し、最後はお客様に選んでいただく形ですのでお任せください。

リタッチのみで黒髪と白髪を染めながら毛先の明るさにつなげる方法

このレベルのハイトーンでも対応可能

[Before]

白髪の少ない方は毛先の退色で白髪が目立つよりも、根本のプリン状態や、根本の白髪が気になりますね。

結構明るめの方ですが、この明るさキープを希望でしたのでリタッチのみで施術しました。

[After]

フロント側に少し固まっている白髪も綺麗にぼかされかばーされました。

グラデーションになるように若干暗めに染めることで、

  • 少しでも色もちがいいように
  • 伸びた時の境目がわかりづらいように

しています。

[今後のメンテナンス]

白髪がそこまで多くないので、時間が経過しても毛先側の白髪が目立つ事がないためリタッチだけでOKです。

この写真では2ヶ月経過していますが、この明るさであれば理想は5週前後がプリンも目立ちづらくてお勧めです。

白髪率多めでもこの明るさと染まり具合

[Before]

毎回当店でファッショングレイカラーで染めているお客様です。前々回に全体を染め、前回はリタッチ、6週経過してのご来店。明るめで染めていて、中1回りタッチしかしていないため毛先には白髪が目立ち始めています。

今回は毛先を染める選択肢も含めご提案しましたが、お話しした結果リタッチのみの対応となりました。

白髪率が多いため、黒、白、茶の3色になっています。

[After]

1回のカラーで3色が一色になりました。この明るさでも、白髪をぼかさずにしっかり染めて均一になっています。

こちらも毛先よりも少し暗めをチョイスし、グラデーションで染める事で色もちと伸びた時の境目をわかりづらくしています。

前回も同じように染めていて、Beforeの写真でその境目が確認できますが、くっきりとせずにぼやけているのがわかるかと思います。このテクニックも白髪染めにありがちな悩みを熟知している私たちにできる染め方の一つです。

[今後のメンテナンス]

この明るさでは理想は2回に1回は毛先までのカラー、間でリタッチでOKです。

「脱白髪染め」とは別物です

「脱白髪染めなんて聞いた事ない」という方や「違いに興味がない」という方はこちらまで飛ばしてください。

ここまで読んできて「脱白髪染めとはどう違うの?」という疑問がある方は、根本的に違うので是非こちらもご覧ください。

脱白髪染めとは?

「明るくして白髪をカバーする方法はないか?」

というスタート地点はPregoファッショングレイと同じですが、プロセスが違うため、仕上がりも全く違います。

脱白髪染めとPregoファッショングレイの考え方比較

【脱白髪染め】

「白髪染めは明るくできない問題」

「白髪染めでは無理、違う方法はないか?」

「白髪以外の髪をブリーチで白髪くらい明るくしてぼかそう」

《脱白髪染め》

「白髪を染めないから暗くならない」「白髪染めはしません」というアプローチで、白髪染めで暗くなる方々の悩み解決を打ち出したメニュー。なので白髪を染めません。白髪と黒髪の差をなくして”ぼかす”という考え方です。

染め方的に明るく鮮やかな色が得意。

落ち着いた感じの色ではどうしても白髪の染まりが甘くなります。

【Pregoファッショングレイ】

「白髪染めは明るくできない問題」

「白髪も染めて明るくする方法はないか?」

「暗い薬をうまく配合して調整しよう」

《ファッショングレイ(明るい白髪染め)》

白髪も染めて明るくすることが可能です。

グレーやピンクのような明るく鮮やかな色は出来ませんが明るくは出来ます。


このようにスタートが同じでも目的の違いで内容もかなり変わってきます。

脱白髪染めの施術内容

①ブリーチによるハイライト

白髪と黒髪の差を無くすためブリーチでハイライトをたくさん入れる。

塗る時間20分+放置時間15〜20分ほど放置。

②追いブリーチ

さらに明るくするため流さずにそのまま2回目のブリーチ(追いブリーチ)を足していきます。ここでまた放置タイム。

③流してから2回目のカラー

このままではかなりの金髪なので好みの色を入れる。塗る時間15分+放置タイム20分前後。

このようにかなりブリーチをしますので、Pregoが対象としている方が脱白髪染めをされた場合はびっくりされるかもしれません。

脱白髪染めの特徴をまとめると、

1. 白髪は染めない
2. 明るめのブリーチハイライトを入れる
3. ブリーチ後に色を入れる為2回染める
4.そのため鮮明なカラーが得意
4. 必ず2回分の時間・費用がかかる

というメニューになります。

もし、ハイトーンで色鮮やかなカラーを望まないのであればブリーチは必要ありません

それによるメリットデメリットをまとめましたのでぜひご自分に合った方法をお選びください。

脱白髪染めのメリット

・鮮明なカラーが得意

ブリーチハイライトでかなり明るくするのと、ブラウンベースの白髪染めを使わないため明るく透明感のある色味が得意。インスタを中心に流行った理由はここにあると思います。

脱白髪染めのデメリット

・白髪が染まらない

鮮明な色は得意でも落ち着いた明るさの場合は退色した時のような筋状の白髪が残る。これを「ぼかす」と受け止められるかどうかになります。

・退色が早い、かなり明るく抜ける

白髪以外の髪を白髪近くまで明るくしているので、白髪とハイライトの両方で退色が起こるためです。

Pregoファッショングレイカラーでは希望の明るさまでしか明るくしないので退色は少しです。

・必ず2回分の時間と費用がかかる

料金はサロンによって違いますが必ず2回分発生します。2回塗る時間と放置時間がかかります。

・ダメージが気になる

ブリーチ単品のダメージに加え、ハイライトを多めに入れるためダメージを受ける髪も多くなります。

さらに、「追いブリーチ」と言ってブリーチの重ね付けをするのでその分もダメージは追加されます。

脱白髪染めとの違いのまとめ

色々書きましたがまとめると、

  • ハイトーンで透明感や鮮やかさのある色にしたい
  • インスタのようなグラデーションカラーやバレイヤージュにしたい

このようなカラーを望む場合はブリーチが必須のため脱白髪染めが向いています。

しかし、それ以外のカラーを望む場合にはPregoファッショングレイで明るい白髪染めが可能なため、脱白髪染めのブリーチで髪を傷ませる必要がないということになります。

やりたい色や明るさで染め方を選ぶと無駄に髪を傷ませることがなくなります。

安心してご利用いただくための
4つのこだわり

1.オーダーメイドの丁寧なカウンセリング

  • 「いつも思っていることがうまく伝わらない」
  • 「要望を言いづらい」
  • 「悩みをちゃんと聞いて欲しい」

Pregoではこのようなことが無いよう、初回は独自のカウンセリングシートを使用して丁寧にカウンセリングを行います。

その日のうちからあなたに合った対応を致します。その内容はカルテで引き継がれ、全スタッフが対応できるようしっかりと管理しております。

2.会話への配慮

「プライベートな質問が嫌」「相手するのが疲れる」「若いノリが合わない」など美容室での会話を面倒くさく思ったことはございませんか?

Pregoでは髪以外のことで私たちから積極的に話しかけることはございません。あなたの雰囲気に合わせて対応いたしますので、ご自分の一番くつろげる形でお過ごしください。

逆に私たちは髪以外のどんな話題でもウェルカムです!

3.細かいカルテ管理

毎回の色、それに伴う薬の配合、染め方、放置時間、結果まで細かく記録。

通うほどにあなたの髪の歴史が刻まれ、より一層安心してお任せ頂ける環境となります。

4.技術保証

Pregoではしっかりと満足のいく仕上がりにしたいという想いから、2週間の技術保証をつけております。
「仕上がりに満足いかない」

「染まり具合が気になる」

など、帰宅後、気になる事がありましたら、遠慮なくご連絡くださいませ。

無料で再施術させていただきます。

お客様からいただいた声

  • ずっと断られていた髪色がやっとできた!
  • 鏡を見るたび嫌だった重い感じから解放された!
  • 服やメイクの色の幅も広がった!

このような喜びの声をたくさんいただいておりますのでその一部をご紹介します。

※実は以前のメニュー名が「脱白髪染め」でした。かぶっていたため途中で「ファッショングレイカラー」に変更しています。前述したように全くの別物だからです。そのため一部のクチコミのメニュー名のみ加工で修正しています。

※現在メニュー名が変わった為メニュー名のみ加工で修正しております
※現在メニュー名が変わった為メニュー名のみ加工で修正しております

ファッショングレイカラーの料金

実はファッショングレイカラーに対しての追加料金はありません。
通常のカラー料金の中で全て対応させていただいております。

なのでこちらでは通常のカラー料金をご案内させていただきます。

【料金に含まれるメニュー内容】

〈施術内容〉
・オーダーメイドカウンセリング

・事前保護トリートメント
・ファッショングレイ(明るい白髪染め)
・カラー後の頭皮沈静オーガニックケア
└カラー後頭皮ケア用オーガニックシャンプー
└頭皮沈静オーガニックトリートメントパック

・ブローセット

〈アフターフォロー〉
・完全技術保証
・無料メール相談


これらの内容すべて込みでの価格になります。

【カラー各種料金】
・リタッチ
(根本のみ)¥6800

・オール(毛先まで ¥7500

・ハイライト(上記カラー料金に+)
 フルヘッド  ¥7000
 ハーフヘッド ¥4000

・前回から1ヶ月以内割引  -¥1000

ロング料金(リタッチのみにはかかりません)
 脇~+¥600 / 腰~+¥1200

各種クレジットカード使えます。
電子マネーは使用できません。

ファッショングレイで明るくする方法やハイライトは毎回する必要はありません。3〜4回に1回くらいで、あとはリタッチだけでメンテナンスが可能な場合がほとんどです。

〈技術保証について〉
帰宅後に色の感じや染まり具合が気になるようでしたらお直しさせていただいております。

〈メール相談について〉
「どんなお手入れすればいいかな?」
「家にあるこれは使っても平気かな?」

など帰ってから気になったことを何でも聞けるサービスです。常に綺麗な髪でいられるためのアドバイスを最後まで責任を持ってしっかりといたします。

白髪染めに見えない白髪染めファッショングレイをされたい方は私たちにご相談ください。

ご相談、ご予約は下記より〈電話〉か〈ネット〉から簡単にできます↓

ご予約はこちらから

Pregoはゆとりをもって丁寧に施術ができるよう予約制です。

ご予約は、電話かインターネット予約が可能です。

下記から①ご希望店舗をお選び下さい、②電話予約かネット予約をお選び下さい。
質問も下記のお電話かメールへお気軽にお問い合わせください。
※ネット予約はオーバーブッキング防止のため満席手前で×になるので、お電話の方がご案内できるケースが多くございます。

清澄白河店

[住所] 東京都江東区三好4-9-3-1F
[営業時間] 9:00~18:00
[カラー最終受付]16:30/カット有は16:00
[定休日] 毎週火曜・水曜

※ネット予約上で×でも電話で取れるケースがございます。

東陽町店

[住所] 東京都江東区東陽3-21-4-1F
[営業時間] 9:00~17:00
[カラー最終受付]15:30/カット有は15:00
[定休日] 毎週日曜+祝日

※ネット予約上で×でも電話で取れるケースがございます。

ご来店前にいただくご質問と回答

通常の白髪染めに比べてダメージに違いはありますか?

明るめに白髪を染めるからと言ってダメージに差は出ません。むしろ使っているカラー剤がオーガニック認証カラーですので、通常のカラーよりもダメージ、刺激が格段に優しくなっています。

通常の白髪染めに比べて色もちの違いはありますか?

こちらもテクニックによる色もちの差はないのですが、オーガニック認証カラーは通常のカラーに比べ色もちもいいため結果的に従来のカラーリングよりも色もちが良くなっております。

どんな髪の状態でも施術可能ですか?

当店でカラーをすることによって髪が耐えられないようなダメージレベルの場合は、まず綺麗な髪のためにも見送らせていただいております。その際は、どのようにしたら最短で健康な髪になれるかのアドバイスをしっかりとさせていただいております。

ブリーチで傷んだ事があり不安です。平気でしょうか?

ご来店時の髪の状態も影響しますが、基本的にはブリーチよりもかなり優しくなっております。
新発売されたダメージの少ないブリーチをベースに、ブリーチ成分を残しながらダメージ成分を薄めた配合の薬を使うためです。相当なハイダメージでなければ実感レベルでダメージを感じることはございませんし、そのような場合はこちらから最適なご提案をさせていただいております。

自分がどの染め方が合っているかがわかりません

ご安心ください。丁寧なカウンセリングでしっかりとご要望をお伺いしたのち、ご来店時の髪の状態を見て最適な方法をこちらでご提案します。料金などの違いもある場合は明確に提示してお選びしていただいています。

1回で理想の色になれますか?

ご来店時の髪の状態によっては難しい場合もございます。特にホームカラー、ヘナをされている場合は2〜3回はみていただいております。一回で成功させようとして大きな失敗をするリスクがある場合のみそのようにさせていただいております。髪への負担なく確実に綺麗にするためですのでご理解ください。

白髪は完璧に染まりますか?

ある一定の明るさからは、全てが均一ではなくなってきます。やはり明るめの色にしている分入りも他より薄くなるためです。しかしそれは間近で良く見た場合であって、ビフォーアフターでもわかるようにそれなりの明るさでもかなりカバーされているのがわかるかと思います。今までそのような理由でのお直しは一度もございませんのでご安心ください。

店舗によって仕上がりに差がなく綺麗に染まるのでしょうか?

はいご安心ください。あらゆる髪質への対応マニュアルを用意し、なるべく全員が同じ技術を提供できるように徹底しています。定期的な技術研修も行いマニュアルの浸透も徹底し、提供する技術は統一しております。

70代の私でも行ってもいいでしょうか?

ぜひお越しください。Pregoは加齢に伴い増える髪の悩み改善を得意とするサロンです。年齢に関係なく、いつまでも綺麗な髪でありたいと思う女性のためのサロンですのでお気軽にお越しくださいませ。

30代後半の方から80代の方までお越しいただいております。

予約はした方がいいですか?

ほとんどの方が次回予約をお取りになって帰られるため予約が埋まっていることがほとんどです。ご来店いただいたけどできなかったという事がないようにご予約をお勧めしています。

空いている場合はご案内が可能ですので、ご来店前に一度お問い合わせください。

カラー以外のメニューはやってないのですか?

カット、パーマ等通常の美容室同様各種メニューを取り揃えております。

白髪染め以外にも加齢に伴う髪の悩み改善メニューとして、髪質改善、ボリュームアップ、髪の将来ケア、薄毛対策等の独自メニューがございます。

白髪染めを含め加齢に伴う髪の悩みを当店で全て改善できますので、サロンを通い分ける必要もございません。

どんな雑誌が用意されていますか?

雑誌は全て消毒ができるようにタブレットにしておりますので、お好きな雑誌を常に最新号でお読みできます。バックナンバーも検索可能です。

タブレットの取り扱いが苦手な方のために、家庭画法、クロワッサン、週刊誌ではありますがご用意しています。

施術中もマスクの着用は必須ですか?

はい。施術中もシャンプー中もつけたままでお願いしております。また、保健所の指導により不織布で統一させていただいておりますので不織布をご持参ください。当店では有料(¥10)となっております。

代表ご挨拶

株式会社ビノス
代表取締役 渡辺 敦

美容室hair Pregoを運営する株式会社ビノス代表の渡辺です。

新宿、杉並の美容室を8年間の務めたのち、生まれ育った江東区で1号店を開業いたしました。慣れ親しんだ江東区で開業できたことを嬉しく思います。


私たちが大切にしているコンセプトは『実感』です。

これは私が独立前から変わらず大切にしているコンセプトでもあります。

ファッショングレイカラーはその考えを突き詰めた結果生まれたメニューです。

今までどこの美容室の悩み改善メニューには付き物だった妥協要素を無くし、理想の仕上がりを提供したいという想いからでした。

白髪染めでいうと、

『白髪は染まるけれど明るさは妥協しなければならない』

という事になります。

「もう少し明るくしたい」

という需要は昔から多くありました。

当時私たちも他のサロン同様、

「明るくしたら白髪は染まりません」

「白髪染めで暗くなった髪は明るくできません」

と言ってお断りしていました。暗くしたのは僕たちなのですが…

そんな罪悪感と無力感から開発を始めたのが『ファッショングレイカラー(明るい白髪染め』です。
なにより、「これができるようになったらかなりの人に喜んでいただける」と思ったら絶対に完成させたいと思いました。

長い期間ずっと失敗の連続…

しかしメニューもモデルやウィッグでかなり失敗しました。

思ったように明るくならない…

なったと思ったら一気に明るくなり過ぎ…

丁度良く明るくなったけど白髪に色が入らない…

ずっとこの繰り返しの中、少しずつ配合比率を変えて当たりを出し完成させていきました。

『白髪染め=暗くなる』を受け入れずに改善し続けた結果、「明るさの調整」も「白髪を染める」こともどちらも叶える事ができたのです。

白髪染めをするほとんどの方が望む明るい白髪染めはこのようにして誕生しました。

経験と実績があるからこそこのページでのご紹介のように自信を持ってご案内ができます。

ご来店にあたって

ご来店いただいた際はそれらの経験をもとに、あなたとのズレが生じないよう綿密にカウンセリングを行います。

なので初回はカウンセリングで30分の時間をいただく場合もございます。しっかりとお悩みに耳を傾け、お互いのゴールにズレが無いように取り組ませていただいております。

施術中では気持ちよく過ごしていただけるよう会話への配慮を徹底しています。当店にはグイグイプライベートな質問をしたり、一人で勝手にしゃべり続けてあなたを疲れさせる美容師はいません。全スタッフがあなたの雰囲気を尊重して接客をいたしますので、ご自分のペースでお過ごしください。

カウンセリングが終わり、メニューと料金の確認が終わりましたら施術に入ります。

今までに感じたことのない髪質をぜひ体感してください。

あなたの髪がいつも、いつまでも綺麗であるため、 最善を尽くす準備をしてお待ちしております。

当店で行っているコロナ対策

最後にPregoのコロナ対策をご案内いたします。

安心してご来店し、お過ごしできるよう徹底しております。

1.来店時の検温

全ての方に検温をさせていただいております。

37.5℃以上の方は申し訳ございませんが日にちを改めさせていただいております。

2.スタッフも毎日検温

スタッフも毎日検温し、全員出勤前に必ずグループチャットに検温結果を報告することを義務付けています。

3.席間隔を空けた予約

なるべく両脇隣り合わせにならないように予約を調整しています。

予約が押した場合、入れ替わりのタイミングの際に少しの時間隣り合う場合が出てしまうこともございますのでご了承ください。

店舗によっては片側のみが隣り合うこともございます。

4.常時換気

常に入り口は開けております。寒い季節は膝掛けをご用意し、暖房を強めにかけてはおりますが、どうしてもお足元が冷えやすいため暖かい格好をされてご来店ください。

5.飛沫防止カーテンの設置

唯一対面になるお会計時の受付にはクリアカーテンを設置しております。

6.各所に消毒液の配置

店内の至る所に消毒液を配置してこまめに消毒。受付にもご用意しておりますのでご来店時に消毒のご協力お願いしております。

7.一回使用するたびにこまめな消毒

席、テーブル、クロス、など一人使うごとにこまめに消毒しています。

8.雑誌は消毒可能なタブレットに変更

消毒ができるように全てタブレットに変更しました。一人ごとにしっかり消毒しております。

タブレットの苦手な方用に家庭画法、週刊誌、クロワッサンなど限られますが雑誌もご用意しております。

9.不織布マスク着用の義務化

保健所の指導によりマスクは不織布に徹底させていただいておりますのでご持参ください。お持ちでない場合は有料(¥10)となります。

カラー中など汚したく無い場合は写真のように肌に優しいテープで止めさせていただきますし、そのままでも問題なく施術できますのでお好きな方をお選びください。